javaプログラマが身に着けていること

プログラマとは、プログラミングを行う職業のことを指します。
プログラミング言語はいくつもありますが、有名なものの一つがjavaです。
インターネット上のプログラムや、スマートフォンアプリなど多くのシステムがこの言語で記述されています。

javaというプログラミング言語は、初めてプログラミングをする人が学ぶものとして扱いやすいため、学校の授業やIT企業の研修などで採用されています。
javaの特徴は、オブジェクト指向のプログラミング言語であるということです。
オブジェクト指向とは、プログラムの構造をデータベースアクセス、データ構造、処理という単位で分けて、オブジェクト単位で記述していくというものです。
すべてを一つのプログラムで書くよりも、性質や処理の単位で分けて記述した方が、修正するときやテストするときに見て分かりやすく、ミスが発生しにくいのです。

プログラマは、このオブジェクト指向を理解することで、プログラミングの理解を深めていきます。オブジェクト指向を持つプログラミング言語はほかにもあり、概念を理解することでほかの言語の習得の際にも役立ちます。

基本的なプログラムの記述ルールは変わらないので、初めに一つプログラミング言語を学習してしまうと、ほかの言語の習得が早くできます。
システムによって使われるプログラミング言語は異なるので、複数の言語を操れることが、その人の仕事の幅を広げることになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です