システムエンジニアとしてのキャリア

システムエンジニアとは、ユーザー企業の業務をシステム化する仕事です。
ユーザーに対してヒアリングを行い、システム化する業務や、システムの挙動を検討し、意識合わせをしていきます。
システムの仕様が決まったらドキュメント化を行い、さらに機能を細分化して、プログラムにするために詳細に検討していきます。

プログラムが完成したら、仕様通りに動作しているか試験を行い、バグを修正していきます。
正常なシステムが完成したら、ユーザー企業へ導入し、ユーザーにテストしてもらったり、システムの使い方の講習会などを行います。
完成後は、正常に動作するよう監視業務を行います。

システムエンジニアの方がキャリアを積んでいった場合、将来、いくつかのパターンに分かれてステップアップしていきます。
それまでに経験してきた開発のノウハウや個人のキャリアアップの目標によって変わります。

一つはプロジェクトマネージャーという、システム開発のプロジェクトを統括する役割です。
お金の管理や人材の割り当て、スケジュールの管理を行います。
進捗状況やトラブル発生状況の把握をして、正しく開発が進めることに責任を持つ役割です。

もう一つは、ネットワークやセキュリティ、データベースなどの専門分野に特化した知識を追求していきます。
こういった知識はどのシステム開発においても必要とされるノウハウです。
専門的な知識を持った人によるアドバイスで、最適な構成やトラブルの発生防止に努めていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です