システムエンジニアの人生設計

システムエンジニアとして仕事をして行く上では、常に将来を見据えて日々を過ごすことが大切です。
IT業界という熾烈な技術開発競争を行う業界で、息つく間もなく仕事している中で、将来のことまで考えるのは難しいかもしれません。
しかし、現実問題としてシステムエンジニアは寿命があまり長くないという問題があり、若くして転職を考えなければならないことも少なくないのです。
そのタイミングを少しでも遅らせるための努力をして成果を上げて昇進していくか、適切なタイミングで転職する計画を立てて行くことが人生設計の上で重要になります。

その定年は30歳とも40歳とも言われますが、新卒で就職しても10年程度しか最前線で活動できる期間がないという認識をもたなければなりません。
30代半ばにして転職をするというのは、中途採用を狙うにしては適切な時期であることも事実であり、どういう職種に就きたいかということを考えて、予め準備がされていれば動じることもなく転職できるでしょう。

IT業界での現場での経験を生かしたいのであればIT系の企業ではなく、一般の企業においてIT系の仕事に就くという方法があります。
しかし、やはりIT業界で培ってきた経験を発揮させたいということであれば、Web業界・ゲーム業界などをメインに転職活動をするとスムーズでしょう。
それ以外でも、広告業界・医療業界もよいかもしれません。企業に属さない形態であれば、独立という手もあります。

IT社会と言える近年では、企業のシステムは多くがIT化されているため、スキルと経験があれば職に困ることは少ないのではないでしょうか。ただし、独立を考える場合には、フリーランスに関するさまざまな情報を取得してから一歩踏み出すことをオススメします。
どのような職種で独立が可能なのか、経験はどうか、安定面はどうかなどしっかり勉強しておきましょう。
分かりやすいサイトをひとつ掲載しておきます⇒■未経験でもなれる!フリーランスのリアル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です